院長経歴

橋本厳プロフィール

静岡県生まれ

1997年
明治鍼灸大学(現・明治国際医療大学)卒業。神宮前鍼療所(常勤)にて故・岡田明祐氏、岡田明三氏に師事。
2001年~2015年
経絡治療学会事務局長
2006年
東京医療専門学校鍼灸マッサージ教員養成科講師
2007年~
東京医療福祉専門学校 鍼灸マッサージ教員養成科 専任教員
神宮前鍼療所(非常勤)~2015年
2013年
明治国際医療大学大学院修士課程修了
2013年~2015年
東京医療福祉専門学校 鍼灸マッサージ教員養成科 学科長
2015年~現在
東京医療福祉専門学校 鍼灸マッサージ教員養成科 専任教員
2018年~
国立リハビリテーションセンター 臨床実習アドバイザー

研究歴

2005年3月27日
教育講演「経絡治療65年の歴史」第20回経絡治療学会学術大会 東京大会
2007年11月1日
原稿「五十肩の経絡治療」医道の日本誌11月号
2009年3月15日
原稿「胃痛の経絡治療」鍼灸ジャーナル5月号
2009年3月28日
一般発表「痛みの強い五十肩の症例」第24回経絡治療学会学術大会
2011年3月20日
シンポジスト「脈診習得法~私の指導法~」第26回経絡治療学会学術大会徳島大会
2013年6月08日
ポスター発表「脈診の有用性に関する研究」第62回全日本鍼灸学会 九州大会
2013年9月29日
シンポジスト「臨床における経絡の意義」第41回日本伝統鍼灸学会学術大会 京都大会
2014年3月29日
シンポジスト「伝統を守る鍼灸治療」第29回経絡治療学会学術大会 九州大会
2015年3月29日
教育講演「経絡治療75年の経絡観」第30回経絡治療学会記念学術大会 東京大会
2016年3月6日
特別講演「現代に活かす和鍼の技術」宮崎県鍼灸マッサージ師会
2016年4月24日
特別講演「経絡治療と和鍼の技術」経絡治療学会広島部会
2016年11月19日
シンポジスト「経絡治療の再検討」第25回日本鍼灸史学会学術大会(京都)
2017年3月26日
教育講演「点描 経絡治療80年」第32回経絡治療学会学術大会 長崎大会
2017年11月24日
シンポジスト「それぞれの六部定位脈診」第25回日本鍼灸史学会学術大会(京都)
2017年10月15日
シンポジスト「日本伝統鍼灸における腰痛治療の標準化を目指して」第45回日本伝統鍼灸学会学術大会(金沢)
2018年11月23日
シンポジスト「経絡治療の病証学」第26回日本鍼灸史学会学術大会(京都)
2018年11月25日
シンポジスト「日本伝統鍼灸における腰痛治療の標準化を目指してⅡ」第46回日本伝統鍼灸学会学術大会(大阪)

その他、全国鍼灸養成校における特別講義多数

所属

日本東洋医学会、日本自律神経学会、全日本鍼灸学会、経絡治療学会、日本鍼灸師会、埼玉県鍼灸師会、所沢市鍼灸師会