治療方針

当院の治療は、「和鍼」です。

「和」には、いくつかの意味があります。

1.日本の鍼

鍼は西暦600年頃に仏教伝来と倶に大陸より伝わり、随唐医学の影響を受けながら奈良時代には僧医が、平安時代には鍼博士が誕生し、戦国時代には将軍が治療を受け、江戸期には民衆においても鍼が大変盛んになりました。 特に関東総録検校の杉山和一が発明したとされる「鍼管」によって鍼が劇的に進化し、現代においては管のついた鍼は世界中でスタンダードな形になっています。 いわなみ鍼灸院では、学術ともに和鍼=日本の鍼を追求しています。

2.和む鍼

鍼は痛いもの?いえ、痛くない鍼もあります。 日本の鍼は元来、とがった鍼をプスッと切って刺すのではなく、尖端が丸みを帯びた鍼を使い、鍼管を使って巧みに穴を穿つようにして鍼を刺しました。その結果、痛みが激減します。 鍼は視床下部-自律神経系に働きかけ、心身に緊張と緩和の変化を起こします。 いわなみ鍼灸院では、痛みのない鍼を心がけています。鍼の痛みのないことがリラックス効果をもたらしますので、症状も気持ちも和ませることができます。

3.調和のとれた身体に改善する鍼

ストレスの多い現代にあって、心身ともにバランスがとりにくいのは誰しも感じるところです。 およそ2000年前の医学古典にも、感情と内臓が相関して病が起こること、その鍼の治療が記されています。 極端に怒りを我慢して腹が張る、緊張するとお腹が下るなどが挙げられますが、これらの症状に対して鍼は有効であると実感しています。 鍼で心身ともに改善させ、徐々に調和のとれた身体にすることができると考えます。

治療方法

いわなみ鍼灸院では、症状に関わらず全身治療を基本としています。 袖・裾から肘と膝が出だせて、仰向けうつ伏せの状態でお腹と背中が出るのであればそのまま治療を行い、そうでなければ当院備え付けの着替えを着用していただきます。 全身を見て、変調や徴候を確認し治療方針を立てます。 そのため症状のない部分を診察したり、実際に鍼灸を施したりします。 例えば腰痛であるのに、患部だけでなく足首に鍼をする、ということもありますのでご了承下さい。

ご注意

なるべく早い段階での治療をお勧めします。 シーソーの片方に強い力が加われば、バランスをとるには同じだけの力が必要です。 筋肉がきつく硬くなれば、やわらかくするのには無理な力が必要となり、たるんだり緩みすぎた皮膚は引き締めるのにも苦労します。 それらを防ぐためには、症状が現れてから病がおきてからではなく、身体がだるかったり強い疲労を感じたり、仕事が忙しくて気持ちが張り詰めていたりする状態であれば、鍼灸治療をうけていただくのに早すぎることはありません。結果的に大きな変化が起こることを防ぎますし、パフォーマンスも上がると思います。